キレイモは通いやすさが人気の秘密! 忙しい女子必見の理由とは > キレイモの基本情報 > キレイモでは剃り残したときのシェービングは有料!?気になる疑問を徹底調査

キレイモでは剃り残したときのシェービングは有料!?気になる疑問を徹底調査

エステサロンで脱毛を受ける場合、事前に脱毛する部分をシェービングする必要があります。

しかし、脱毛する部位のなかには自分では処理がしづらいところも…。

とくに、全身脱毛をする場合には、シェービング箇所も多いため、全てを処理するのは難しいので、剃り残しがでてしまう人もいるようです。

剃り残しがあった場合、追加料金がかかるケースもあります。

そこで、今回は全身脱毛サロンでも人気の「キレイモ」のシェービングサービスや、自分でシェービングをする際の注意点などを紹介します。

キレイモのシェービングはどのくらいの料金がかかる?

「キレイモ」は、全身脱毛のみを取り扱う脱毛サロンです。
料金プランは「月額制」「回数制」があり、自分に合った方を選べるようになっています。
月額制と回数制のプランや料金についてはこちらで詳しく紹介をしていますので気になる方は合わせて読んでみてください。
キレイモで脱毛を行う際は、原則、生えているムダ毛を自分で処理してから来店することになっています。

そのため、剃り残しがあった場合は、脱毛ができません。
剃り残した部分を避けて脱毛するか、キレイモでシェービングを行ってもらうことになります。
キレイモでの剃り残しのシェービングは、追加の料金がかかる場合があります。

キレイモの脱毛プランによって異なりますので、それぞれをチェックしていきましょう。

月額制プランはシェービング代が1回につき1,000円かかる

月額制を選択した場合はシェービング代が施術1回につき1,000円かかります。

月額制は月に1度、脱毛を受けることができるプランです。

ただし、全身脱毛は1回の施術ですべてを脱毛できるわけではありません。
全身脱毛1回分は2回に分けて行います。

つまり、2ヶ月で全身脱毛1回分が終わります。
そのため、1回分の1,000円×2回となるのでシェービングをお願いする場合は脱毛料金に加えてプラスで2,000円かかるということになります。

回数パックはシェービングが無料

月額制とは対照的に、回数制を選択した場合はシェービング代が無料です。
また、月額制と異なり、1回で全身脱毛を行えます。

シェービング代がかからいとはいえ、カウンセリングの時には「シェービングをしてきてください」という指示があると思うので、全くシェービングせずに行くのはやめたほうがいいでしょう。
全身をシェービングするだけで、脱毛の施術とは別で時間がかかってしまうので、お店にも迷惑をかけてしまいます。

背中やIライン、Oラインなどどうしても自分ではできない部分以外は極力剃り残しなく、きちんとシェービングを行うことが大切です。

キレイモで脱毛する前のシェービングはどのように行うべき?

キレイモでは、回数制のプランは無料でシェービングを行ってくれることがわかりました。

しかし、なかには価格や、自分の都合に合わせて月額制プランを考えている方もいるでしょう。
また、プラン関係なく、そもそも事前処理はどのように行うべきかわからない方も多いようです。

ここからは、脱毛前に行う「事前処理」について詳しくみていきましょう。

事前処理の必要性

脱毛施術を受ける前の事前処理の目的は、施術の邪魔になる毛を除去することと、毛根への照射効力を高めることです。

脱毛エステサロンなどで使用される脱毛器は、毛や肌の色の元となっているメラニン色素にだけ有効な波長の光を照射することで毛を成長させる組織にダメージを与え、徐々にムダ毛を生えにくくするという仕組みになっています。

ムダ毛が伸びたままになっていると、毛を成長させる組織へピンポイントに光の力が加わらず、十分な脱毛効果が得られなくなってしまう可能性があります。

また、毛を伸ばしたままにしておくことによって肌や毛穴に炎症や火傷などが起ってしまう場合もあり、思わぬ肌トラブルにつながってしまう場合もあります。
こうしたトラブルを防ぐためにも、サロン側の指示に従い、正しく事前処理を行っておくことが大切です。

事前処理の行い方

事前処理の際は、表皮に全く毛が出ていない状態よりも、1~2mm程度毛が伸びている状態がベスト。
シェービングは施術当日ではなく、予約日の1~2日前にするのがおすすめです。

毛を剃る道具はT字カミソリなどでも問題ありませんが、肌へのダメージを考えると電気シェーバーを使ったほうがよいでしょう。
おすすめは、顔用電気シェーバーの「フェリエ」です。

3,000円以下くらいの価格で、家電量販店やAmazon・楽天などの大手通販サイトで手軽に購入できますよ。

毛抜き、ワックスの使用はNG

脱毛器はムダ毛に特殊な光を当てて、組織を破壊するという仕組みで行われています。
そのため、毛を根元からなくしてしまう毛抜きやブランジリアンワックスなどの処理法はNGです。

毛の根元を残しておかなければならないため、同様の理由で家庭用脱毛器なども使用できませんので注意しましょう。

背中は誰かに協力してもらうといいかも

自分ひとりでシェーバーを使って、全身すべてを剃り残しなく処理するのはほぼ不可能といってもよいでしょう。

そのため家族や友達、彼氏などに施術前シェービングを手伝ってもらうのがベストではありますが、「施術のたびに処理をお願いするのも気が引ける…」と感じる方も多いのではないでしょうか。

自宅での自己処理が難しいようであれば、回数制で契約してシェービングサービスを利用する方が追加料金がなく安心して施術できるでしょう。

自分では処理しきれないOラインや背中は「補助」としてシェービングをしてくれる

VIOはデリケートな部分であり、自分で確認をしながら処理をするのが難しい部分でもあります。
とくにOラインは手も届きづらく、自己処理がやりづらいです。

人に手伝ってもらうわけにもいかないような箇所ですよね。

キレイモでは、背中の手が届きづらいところやOラインなど、自分だけではどうしても処理が難しい部分のみ、ある程度処理をすれば、剃り残した部分は「補助」ということで、無料でシェービングをしてもらえます。

値段が高い脱毛、肌の準備はぬかりなく!

ここ数年値段が下がってきたからといっても、やはり全身脱毛ともなると料金は数十万円にもなり、決して安い買い物とは言えません。
1回1回の施術で十分な効果が得られるよう、シェービングなどの事前準備をきちんと行うことが大切です。

今回紹介したキレイモは、月額制プランを選択していると、剃り残しがある場合にはシェービング代が追加でかかります。

回数制プランは剃り残しがあっても無料でシェービングをしてもらえますが、なにもしないまま来てしまうと、お店側にも迷惑がかかるのでいずれにせよ事前の処理はしてから脱毛にいきましょう。

事前処理をしたうえでの剃り残しは「補助」として、シェービングをしてもらえます。
絶対に剃り残しがあってはならないというわけではありませんよ。

どうしても心配な方は、月額制ではなく回数制のプランがおすすめです。

自分に合ったプランでキレイモを利用しましょう。