脱毛するならシースリーとキレイモどっちが良い?

脱毛サロンで全身脱毛を考えているなら、シースリー(c3)とキレイモを検討している方も多いのではないでしょうか。
シースリーは昔から多くの人に愛されているサロンで、キレイモは最近板野友美のCM効果もあり人気が高まっているサロンです。

どちらも全身脱毛専門のサロンですが、その脱毛コースや料金プラン、施術方法、キャンセル料などの追加料金の仕組みなど大きな違いがあります。
このシースリーとキレイモのサービスがどのように違うか理解して、脱毛サロンを決める際の参考にしてください。

ややこしいシースリーの脱毛料金プラン

では、まずはシースリーの脱毛プランや料金プランについて詳しく見ていきましょう。

シースリーは料金プランが少し複雑になっています。
まず大きく分けて脱毛し放題のプラン回数制のプランがあります。

脱毛し放題の料金プラン

脱毛し放題のプランは、顔とIOラインを含む or どちらか1パーツ全身4分の1を1カ月に2回施術して2カ月で全身1回分脱毛する or 3カ月に1回一気に全身脱毛するの全4パターンによって料金が変わります。

顔+IOを含む 顔+IOどちらか
全身4分の1ずつ 340,000円 290,000円
3カ月に1回 382,400円 340,000円

「月額7,500円」は総額を分割した額

シースリーのホームページを見ると、「全身53箇所の脱毛が月額7,500円できる」と書いてありますが、この金額は脱毛の総額を分割した額です。
月謝払いのような形ではなくローンのようなものなので、支払い方法によっては月額料金も変わります。

「月額7,500円」の中身は、顔とIOラインを含む全身脱毛382,400円を24回分割し、半年ごとに47,000円のボーナス払いをした場合の月額料金となります。

総額を支払えば一生脱毛し放題!

一般的な脱毛し放題プランには有効期限が設けられているものもありますが、シースリーは永久保証のため脱毛料金の総額を払えばその後一生脱毛し放題になります。

サロン脱毛は一度完了したと思っても、数年後にまた生えてくるなんてこともあります。
また、忙しくてなかなかサロンに行けない方や、毛量が多かったり毛質によって効果があらわれにくい方は、実際どのくらいの期間脱毛に通う必要があるのかわからないですよね。

期限のない一生涯脱毛し放題のシースリーでは、脱毛完了後に再度生えた時や、長期にわたってゆっくり脱毛したい人にとってピッタリの料金プランなのです。

回数制の料金プラン

脱毛し放題のプランとは別に、ほかのサロンにもよくある回数制のコースもあります。
こちらは脱毛し放題プランより施術箇所が少なくなり、全身46箇所の脱毛になります。

料金 一回あたり 施術範囲
6回 95,000円 15,833円 顔+IOは含まない
10回 140,000円 14,000円 顔+IOは含まない
13回 190,000円 14,615円 顔+IOのどちらか

施術回数が増えると一回あたりの料金が安くなり、13回コースだと10回コースより615円高くなりますが、顔かIOラインのどちらかをプラスできます。

手数料無料で分割払いが可能

シースリーでは、脱毛料金を支払う際に手数料無料で分割できる支払方法が用意されています。
支払い方法は4つの方法から選べます。

スキップシースリーA 9カ月間支払いせず、その後全額を支払う
スキップシースリーB 9カ月後に半額、14カ月後に半額を支払う
フラットシースリー 月々一定額で分割して支払う
一括支払い 最初に総額を一括で払う

C3のキャンペーンにある「9カ月0円」とはこのフラットシースリーの支払い方法のことを言います。
全身脱毛を無料で受けられるわけではないので注意してください。

とはいえどのような支払い方をしても手数料がかからないので、自分のペースで支払いができるのは嬉しいですね。

≫シースリーの公式サイト≪

わかりやすい!キレイモの料金プラン

キレイモでは「全身33箇所のスリムアップ脱毛」を月額制コースと回数制コースの2種類から選べます。
料金の仕組みもシースリーのような複雑さはなく、単純明快です。

≫≫キレイモの料金プランについて詳しく知りたい方はコチラ

月額制の料金プラン

月額制のコースは、ジムの月謝のように毎月9,500円を支払う形になります。

キレイモの月額制は回数制の6回のコースと一回あたりの料金は変わりません。
2カ月継続して契約すれば、解約手数料も違約金もなくやめたいときにやめられるというメリットがあります。

今なら月額制の初回分無料のキャンペーンを実施中!

さらに、月額制の場合は今ならキャンペーンで初月分が無料で施術することができます。
月の限定キャンペーンではありますが、好評のため延長しているのでこれから通常のキャンペーンのように定着していくことも考えられます。

まずはキレイモで施術を試したい、という方は月額制のコースからはじめてみると良いかもしれません。

回数制の料金プラン

回数制は6回、12回、18回から選べて、シースリーと同様に回数が増えると1回あたりの料金も割安になります。

総額 1回あたり
6回コース 114,000円 19,100円
12回コース 212,040円 17,670円
18回コース 290,700円 16,150円

料金だけ見るとシースリーの方が安いですが、施術範囲に顔とVIOラインも含まれています
6回あたりの料金を比べても3,000円上乗せすれば顔とVIOラインを追加できるので、あわせて脱毛したいと考えている場合はキレイモのほうが良いでしょう。

≫キレイモの公式サイト≪

さらに細かくみるシースリーとキレイモの違い

料金プランではシースリーは脱毛し放題があるのが魅力的で、キレイモは顔とVIOラインを含めた脱毛が安い値段からはじめられるところがメリットといえます。

では、それ以外の部分はどのような違いがあるのでしょうか?

シースリー キレイモ
施術ペース 2パターンあり

  • 1カ月に4分の1を2回
  • 3カ月に1回
2パターンあり

  • 1カ月に半身1回
  • 2 カ月に1回
 施術箇所  53箇所  33箇所
 脱毛器  国産の脱毛マシン  国産の脱毛マシン
 シェービング代  無料(剃り残しは脱毛しないことも)  月額:1,000円
回数:無料
キャンセル代 予約時間以降の連絡は3,000円の違約金 1回分消化
月額:前日~
回数:当日~
オプション
  • 乗り換え割
  • 仲割、家族割
  • 超つながり割
  • 紹介割引
  • 乗り換え割
  • 学割
  • カスタマイズプラン
  • 紹介割

施術ペースはキレイモの方が早い

シースリーの脱毛は1回で全身の4分の1か1回で全身全て施術するかによって料金が変わります。
1カ月に2回行くのは頻度が多く、スケジュールに余裕がないと難しいでしょう。

一方キレイモは1カ月か2カ月に1回の施術で大丈夫なので、施術に行く回数は少なくすみます。

ちなみに、施術箇所についてはシースリーが53箇所、キレイモが33箇所となっていますが、細かく分けてるか分けてないかの違いだけなので全身脱毛できることには変わりはありません。

脱毛器は両サロンとも優秀マシン

シースリーで使用しているマシンは「ルネッサンスGTR」という国内脱毛機器メーカーの脱毛機を使用しており、全身脱毛が45分で完了するその速さが魅力です。
全身脱毛は通常2~3時間はかかるので、大幅に時間を短縮できます。

キレイモの脱毛器も同じく国内脱毛機器メーカーのものですが、シースリーにはない魅力があります。
通常脱毛時は冷却のために照射前に冷たいジェルをつけるのですが、キレイモの脱毛器ではマシン自体が-4℃に冷却するようになっているためジェルを塗る必要がありません。
それにより身体の冷えも予防でき、時間短縮にも可能になっています。

どちらの脱毛器も日本人の肌に合わせた仕様になっており、肌への負担も少なくなっています。

シェービング代無料のキレイモの回数プラン

シースリーはシェービング代が無料としているものの、実際は「剃り残しがあった時はやる」というルールになっています。
そのため、明らかに自己処理していないという場合は施術を断られてしまうことも
電気シェーバーを持参すれば処理してくれるので、心配な方はシェーバーを持っていくと良いでしょう。

キレイモの場合は月額1,000円、回数は無料でシェービングサービスをしてくれます。
シェービングし忘れても施術を断られることはありませんが、その分施術時間が増えてしまうのでできる範囲は事前処理をしておくようにしましょう。

≫≫キレイモのシェービング代について詳しく知りたい方はコチラ

それぞれオトクなオプションあり!

シースリーは契約時の割引、キレイモは契約コースの割引が多くあります。

シースリーの割引

乗り換え割:ほかのサロンで脇脱毛が完了している場合10,000円オフ
仲割:友達とカウンセリングに行って契約すると5,000円オフ
家族割:家族とカウンセリングに行って契約すると5,000円オフ
超つながり割:3人、5人、10人でカウンセリング、契約した場合最大57,000円オフ
紹介割引:シースリー会員が新規の方を紹介すると5,000円

シースリーのキャンペーンはカウンセリング&契約で割引されるものが多くあるので、これから脱毛を考えている場合はピッタリですね。

キレイモの割引

乗り換え割:他のサロンからの乗り換えで最大50,000円オフまたは月額2カ月無料
学割:
学生のうちに契約すると最大67,900円オフ
カスタマイズプラン:
脇かVIOが脱毛済みの場合、その分の割引が可能
紹介割:
友達を紹介すると最大10,000円キャッシュバック

キレイモは条件が当てはまれば、契約プランに応じて割引されるオプションが多くあります。
シースリーよりも割引額の高いものが多いので、オトク感はキレイモの方が大きいです。

≫≫かしこくキレイモを利用しよう!キャンペーンや割引の詳細はコチラ

解約したいときの対応方法はどちらも同じ

シースリーもキレイモも解約方法に特に違いはなく(1)コールセンターに連絡(2)店頭で直接手続きの2つに分かれます。

その際は身分証、印鑑、返金用の口座情報がわかるもの、クレジット決済の場合はクレジットカードの情報がわかるものなどを用意する必要があります。

なお、解約時には手数料として返金額の10%(それが2万円以上であれば一律2万円)かかります。

シースリーは返金額が少ない!?

解約時の手続きも返金額の計算方法も両サロンとも一緒なのですが、シースリーの場合返金額が多くなってしまうことがあるようです。
返金額の計算方法はシースリー・キレイモ両方とも以下の通りです。

施術料金の総額-(1回あたりの脱毛料金×施術済の数)×解約手数料10%

シースリーの場合はこのうち「1回あたりの脱毛料金」割高の定価料金から算出するため、返金額はごくわずかになってしまうのです。

キレイモの場合は単純に回数パックの総額÷回数で計算するので、実質解約手数料分の損失だけで済みます。

≫≫キレイモを解約したらいくら返ってくる?解約・返金についての詳細はコチラ

自分の希望に合うサロン選びを!

シースリーは脱毛施術し放題のプランがありますが、多くの方がキレイモの18回コースで全身脱毛が完了します。
また、キレイモは乗り換えや学割が適用になる場合、さらにグッと安くなることもあります。

脱毛し放題が良いという方はシースリー、回数制でも脱毛が完了すればいい、金額を抑えたいという方はキレイモの回数制にすると良いでしょう。

とはいえ金額面以外にもそれぞれ譲れない点はあると思います。
実際に情報だけではわかりづらい部分もありますので、どちらのサロンか決めきれない人はまず両サロンのカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

どちらのサロンも優れている点があるので、実際のスタッフや通いやすさなどを体感してチェックしてみてください。

≫シースリーの公式サイト≪

≫キレイモの公式サイト≪