キレイモは通いやすさが人気の秘密! 忙しい女子必見の理由とは > キレイモの基本情報 > キレイモの解約の概要について知りたい!解約条件はある?手数料は?

キレイモの解約の概要について知りたい!解約条件はある?手数料は?

一般的な脱毛期間は2~3年くらいかかるので、その間脱毛サロンに通えなくなる事情ができたり、脱毛完了したから解約したいという場合も出てきます。

ではキレイモに通っている場合は、どのような手順で解約すればいいのでしょうか?
また途中解約する場合の違約金や解約手数料、返金額などについてもお知らせいたします。

手順がわからなくてムダにお金を払ってしまうことのないよう、事前に知っておきましょう。

キレイモの解約方法は2つ!

キレイモはコールセンターに電話もしくは店舗にて直接解約をすることができます。
それぞれについて見ていきましょう。

コールセンターに電話する

電話で解約する場合は、コールセンターへ連絡を入れます。

キレイモコールセンター
電話番号:0120-444-680(受付時間:11~21時)

コールセンターで「解約したい」ことを伝えると、必要な書類を郵送してくれます。
書類が届いたら、該当項目を記入し返送用の封筒に入れて返送すれば、数日後には解約が可能です。

しかし記入漏れがある場合や、解約できる条件を満たしていなかった場合などは、解約が認められず手続きが完了できなくなってしまいますので、しっかり確認したうえで返送しましょう。

店舗で直接解約手続きをする

店舗に行って解約したいことを告げると、その場で解約手続きをする書類を用意してくれます。
あとは書類の記入欄を全て埋めて提出すれば解約できます。

スタッフが書類をチェックしてくれるので、記入漏れによって解約が認められないということはありません。

待たされずに解約したいなら、事前に解約したいことを連絡しておくとスムーズに解約することができるでしょう。

キレイモの解約時に必要なもの・条件

解約時には、以下のものを忘れないようにしましょう。
どれかひとつでも欠けている場合は、書類に不備があるとみなされ解約することが出来なくなってしまいます。

印鑑 認印も可
契約書 紛失した場合は事前にキレイモに連絡し、契約内容を確認してもらう
口座情報 返金用の口座(返金は口座振替のみ)
クレジットカード情報 ※カード払いの場合のみ

解約する条件は「利用2カ月以上」と「全身脱毛1回以上」

解約する条件ひとつは、2カ月以上利用していることです。
現在キレイモでは月額プランが初回0円のキャンペーンをやっていますが、1カ月だけ利用して解約しようという方法は使えません。

もうひとつの条件は、全身脱毛コースを1回以上利用していることです。
1回も施術せずに解約することは少ないと思いますが、解約を考えているのならこの2つの基準を満たしているかきちんとチェックしておきましょう。

クーリングオフも使えます

色々よくわからないまま流れで契約してしまったけど、よく考えたら脱毛しなくてもよかったかも…という場合もあるでしょう。

そんな方のためにキレイモは、クーリングオフのシステムを採用しています。
条件を適用するには、以下の3つの条件をクリアしている必要があります。

  • 8日以内にクーリングオフ利用を連絡
  • 5万円以上の契約をしている
  • 契約日数が30日以上

この3つの条件をすべて揃えていて、必要な手続きをとり連絡を入れればクーリングオフは認められます。

クーリングオフの申請の仕方について良くわからないという方は、代行してくれる専門家もいます。
自分でネットなどで調べて申請する方法もありますが、心配な方はお任せしてみると良いでしょう。

結局いくら返ってくる?解約時のお金の動き

コールセンターや店舗で手続きをすれば簡単に解約ができますが、実際解約する時の手数料や返金額がいくらになるのか気になりますよね。

ここでは具体的な手数料や返金額の算出方法について紹介します。

回数制は解約手数料が必要

月額制の場合は支払方法がそもそも月謝のような形なので、解約手数料・返金はありません
ただし「解約したい」と思ったら1か月前までに解約の連絡をしないと翌月の月額料金が自動的に引き落とされてしまうので、連絡を忘れないように注意してください。

回数制で契約をしている場合は、返金する金額の10%を手数料として取られてしまいます。
上限は2万円までとなっているので、手数料が2万円を超える場合は一律で2万円を支払うことになります。

回数制の返金額

キレイモの回数制を解約した場合は、その時点で残されている回数分の金額が返金されます。

返金金額は、脱毛料金の総額を全ての回数分で割って1回分の料金を出し、残りの回数分を掛ける形で算出します。

さらにその金額から解約手数料を引いた額が返金されます。

具体的な返金額の算出方法は以下のようになります。

【返金例】12回のパックプラン(総額212,040円)を3回で解約する場合

施術済の料金 (212,040円÷12回)×3回=53,010円
解約手数料 (212,040円-53,010円)×0.1=15,903円
2万円より少ないので解約手数料は15,903円
返金額 212,040円-(53,010円+15,903円)=143,127円

このシュミレーションの場合、返金額を残りの回数で割ると一回あたり15,903円ということになります。
通常の脱毛料金は一回あたり17,670円なので、解約して損失した額は1,767円になることがわかります。

このように、キレイモならば解約したとしても大きな損失をせずにすむので、万一キレイモでの施術を続けられない事情ができたとしても安心できます。

とはいえ、なるべく解約せずに丁度いい回数のプランを組んで脱毛を完了させるのが一番損をしない方法ですので、しっかり計画を立てた上でプランを決めるようにしましょう。

当日キャンセルすると返金額が減る!?

キレイモの回数制で、前日の21時以降に変更やキャンセルをしてしまうと、1回分消化となり施術回数が減るだけでなく解約したときにその分を施術済としてカウントされてしまいます。

とてももったいないのでなるべくこのようなことがないように、キャンセルの可能性が出たら早めに連絡しておくようにしましょう。

解約する前に脱毛プランを固めておこう!

キレイモは解約も比較的カンタンにできますが、解約するまえに本当にキレイモで脱毛を続ける必要がないのか、よく考えてから解約するようにしましょう。

回数パックなら2~5年近くの有効期限があるので、もし回数が余ってしまっても有効期限内であれば再度気になる部分ができた時のために使用できるかもしれません。

決めたコースを全て使うのが一番いいので、例え解約するつもりでも有効期限まで待ってから解約するというのもひとつの手です。

しかし「絶対に他のサロンで脱毛したい」という場合には、返金してその額を他のサロンの脱毛代にあてるのも良いでしょう。

いずれにせよ、あなたの理想的な脱毛ができるプランを計画して後悔のないような決断をしてくださいね!